• 京東都ブランド創立10周年企画

    KYO-TO-TO 10th Anniversary Edition

  • 刺繍ジャパネスク10

    EMBROIDERY JAPANESQUE 10

    京東都10周年記念商品ができました。
    ニッポンを代表する天才絵師たちが残した絵画を、様々な刺繍の手法を使いながらオマージュ。十年と10作品で生まれる特別なアイテム「刺繍ジャパネスク10」。
    10種類の「がま口クラッチバッグ」となって甦ります。

    In commemoration and celebration of the 10th anniversary of KYO-TO-TO.

    We choose 10 Paintings left by genius painters that represent Japan in different periods craft and style. Using the best of our knowledge with various embroidery methods and beautiful colors. They will be revived as 10 kinds of purse clutch bags. giving birth to a unique series the "EMBROIDERY JAPANESQUE 10"

  •  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 10種類の「がま口クラッチバッグ」

    10 kinds of purse clutch bags.

     

    全10柄 サイズ:25×17.5×8.5cm/持ち手:102〜127cm/素材:麻50% 綿25% レーヨン25%/価格:21,600円(税込)

    All 10 patterns size: 25 × 17.5 × 8.5 cm/strap: 102 to 127 cm/material: linen 50% cotton 25% rayon 25%/price: 21,600 yen

    江戸兵衛

    えどべえ

    Edobei

    江戸時代の浮世絵師、東洲斎写楽による大首絵とよばれる歌舞伎役者などの胸像を描いた木版画。「浮世」は現代風・当世・好色という意味。モデルは二世大谷鬼次。河原崎座上演の「恋女房染分手綱」に登場した悪人鷲塚八平次の手下「奴江戸兵衛」を演じたときのもの。

     

    An ukiyo-e painting by Toshusai Sharaku of a kabuki actor, Otani Oniji III, when he played a villain named "Edobei". Sharaku is a painter from the Edo period famous for portrait paintings of kabuki actors. He is one of Japanese art greatest mysteries. The ukiyo-e (woodblock print) artist whose short career lasted only 10 months in 1794 / 5. During this period he produced about 145 woodblock prints then vanished. Till this day no one can confirm his real name or birthday.

     

     

     

     

     

    ビードロを吹く女

    びーどろをふくおんな

    Girl Blowing Vidro

    江戸時代の浮世絵師、喜多川歌麿が描いた「婦女人相十品」の中のひとつ。当時大流行した市松模様の赤い着物の町娘を描いた美人画。舶来品のビードロ(別名ポッピン)はガラス製の玩具。口にくわえて吹くとペコンペコンと音がする。

     

    Girl Blowing Vidro is a piece from a series Ten Classes of Women's Physiognomy by Kitagawa Utamaro, an ukiyo-e painter from the Edo period. The red checkered kimono was a big trend back in the days and the object she has in her mouth is called "vidro". It is a glass toy that makes sound when it is blown in and out through the connecting pipe.

     

     

     

     

     

    神奈川沖浪裏

    かながわおきなみうら

    The Great Wave

    江戸時代の浮世絵師葛飾北斎が制作した木版画。名所浮世絵の連作「富嶽三十六景」のひとつ。画面中央下部に富士山が描かれる。波頭が砕けるその瞬間を切り取った躍動感が世界的に評価されている。

     

    This worldly known ukiyo-e painting is by Katsushika Hokusai one of the representing ukiyo-e artists of the Edo period. It is the first piece from the series 36 views of Mount Fuji. It is a dynamic painting of a glimpse of Mount Fuji under a wave of Kanazawa.

     

     

     

     

     

     

    風神雷神図屏風

    ふうじんらいじんずびょうぶ

    Fujin Raijin

    背に担いだ風袋から風雨を吹き出す緑色の風神と、輪になった太鼓を叩いて雷鳴を轟かせ稲妻を起こす白い雷神。江戸時代に描かれた俵屋宗達の屏風画が有名で、代々琳派の絵師によっても描かれている。モデルとなったのは、三十三間堂にある鎌倉時代に湛慶によって作られたとされる半裸鬼面の風神・雷神像。

     

    Green Fujin (Wind God) lets out wind and rain from the sack he carries. White Raijin (Thunder God) drums thunders and produces lightnings. The model statues of this painting lie in Sanjusangendo temple in Kyoto. Fujin Raijin has been painted by several artists but the most well-known and the piece chosen for our bag is by Tawaraya Sotatsu.

     

     

     

     

     

     

    象と鯨図屏風

    ぞうとくじらずびょうぶ

    Elephant And Whale Screen

    六曲一双の屏風の右隻にうずくまった白象、左隻に海と勢いよく潮を吹く鯨が描かれた伊藤若冲の水墨画。三日月形の優しい目をした、ぬいぐるみのような象が、海辺から沖合を見つめている。くるくると丸まった鼻と、ふさふさの尻尾が可愛らしい。

     

    Elephant and Whale is a famous ink painting on a pair of paper screen by Ito Jakuchu. A whale is drawn on the left screen, powerfully spouting a fountain in between the wave. On the right, a white elephant that looks gentle like a crescent moon is staring at the ocean from the beach. His curled-up nose and fluffy tipped tail are cute.

     

     

     

     

     

     

    鶴図下絵和歌巻

    つるずしたえわかかん

    Anthology With Crane Design

    江戸時代の芸術家、本阿弥光悦の書蹟の代表作として知られる全長13.56mの巻物。万葉集、三十六歌仙の和歌が仮名交じり文で書かれている。下絵(料紙装飾)は俵屋宗達による合作で、鶴の絵が金と銀の泥で表現されている。

     

    Finest calligraphy by Honami Koetsu anthology on a 13.56 meters long scroll. A mix of poems were chosen from Manyoshu and Sanjurokkasen. The background is a collaboration with painter Tawaraya Sotatsu. The cranes are expressed with silver and golden mud.

     

     

     

     

     

     

    龍虎図屏風

    りゅうこずびょうぶ

    Dragon And Tigers Screen

    安土桃山時代の京狩野家(京都の狩野派)の始祖である狩野山楽の代表作。六曲一双の屏風絵で左隻に虎、右隻に龍を配する。竹林の中へ二頭一対の虎を配し、中央の雄虎は牙を剥き出しにして右隻の龍を睨みつけている。当時、彪は雌の虎と考えられていた。

     

    Dragon and Tigers is the piece that represents Kano Sanraku. This piece is a set of two paper screens. Tigers are drawn on the left screen, glaring from the bamboo grove at a fearsome dragon on the right screen. A leopard looking tiger is drawn because in the early 17th century, people thought leopards were female tiger.

     

     

     

     

     

     

    相馬の古内裏

    そうまのふるだいり

    Takiyasha The Witch And The Skeleton Spectre

    江戸時代の浮世絵師、歌川国芳。山東京伝による読本「忠義伝」の一場面、源頼信の家老大宅光国と平将門の遺児で妖術を操る滝夜叉姫との対決の場面。御簾を破って大きく半身を乗り出す巨大な骸骨は、妖怪「がしゃどくろ」のイメージと重なっている。

     

    An triptych ukiyo-e by one of the famous painters of the Edo period, Utagawa Kuniyoshi. It is a scene from a historical fiction book "Chugiden". Princess Takiyasha, a daughter of a long defeated warlord summons to a monster to fight against the lord of a family who killed her father. This picture became the image of a traditional monster, "Gasha-dokuro".

     

     

     

     

     

     

    燕子花図屏風

    かきつばたずびょうぶ

    Irises Screen

    江戸時代の琳派の代表とされる尾形光琳の代表作。弟は尾形乾山。金地の六曲一双屏風で、濃淡の群青と緑青によって燕子花の群生がリズミカルに描かれている。

     

    Ogata Korin, the painter of Irises Screen, is said to represent Rimpa from the Edo period. Rimpa is a painting movement, a style which originated in Azuchi-momoyama period (1573-1603). A herd of deep and light indigo irises are drawn on two paper screens with a gorgeous golden background.

     

     

     

     

     

     

    孔雀鳳凰図

    くじゃくほうおうず

    Peacock And Phoenix Screen

    江戸時代に京で活躍した絵師、伊藤若冲による孔雀と鳳凰の一対の掛け軸。松や牡丹を背景に孔雀と鳳凰が精密に描かれた作品。83年ぶりに発見され幻の名作として話題となった。

     

    Ito Jakuchu was an active painter in Kyoto during the Edo period. Peacock and Phoenix is a pair of paintings drawn on a paper scrolls. It is one of several works that are well-known and appreciated in present days. This beautiful art piece with pines and peony in the background was lost for 83 years then rediscovered in 2016. It's said to be one of Jakuchu greatest masterpieces.

     

     

     

     

     

     

  • WEB STORE

    「がま口クラッチバッグ」が今すぐ買えます。

  • MESSAGE

    刺繍をもっと広めたい、日本の伝統や技術を継承していきたい、京都という立地から日本の文化を世界に発信したい、という思いから『京都発、東京経由~世界行き。』といったコンセプトのもと刺繍ブランド「京東都」を立ち上げ、早いもので10年が経ちました。
    手ぬぐいに刺繍をほどこした商品から始まり、京都らしい​、日本らしい、新しい、面白い、ということを​追求​していく中で、​さまざまな人に支えられ、たくさんの方々に応援していただき、今日​の​刺繍ブランド「京東都」​​を​築くことが​出来​た​のだと感謝しております。​また2013年に京都本店、16年に銀座店と直営店ができたことで、より多くの方々に見ていただけるようになり、「京東都」​の​遊び心を、皆さんに​共感​していただける機会が持てたことは、ブランドを続けていく上でとても大きな支えとなりました。
    これからも皆さんのご​期待に応えられるよう、​更なる​刺繍の可能性を​追求し、刺繍を通して日本のものづくりに貢献していきたいと​思っており​ます。今後とも、​みなさま​どうぞ宜しくお願いいたします。
    最後に10年というこの節目に​、スタッフ一丸となり、今もっている​最高の技術と​力を注ぎ込んだ「がま口クラッチバッグ」10種類ができあがりました。是非この機会に​手にとってお楽しみいただければ幸いです。

     

    株式会社ドゥオモ 代表 岩井左木子

  • SHOP

    こちらの店舗にてご購入いただけます。

    京東都 本店

    KYO-TO-TO KYOTO Store

    〒605-0853

    京都府京都市東山区星野町93-28
    (東大路通八坂通東入ル 八坂の塔の下)


    93-28 Hoshinocho Higashiyama-ku
    Kyoto 605-0853 Japan


    TEL / FAX 075-531-3155
    shop@kyototo.jp

     

    11:00-18:00 (不定休)

     

    京東都 銀座店

    KYO-TO-TO GINZA Store

    〒104-0061

    東京都中央区銀座5-2-1
    東急プラザ銀座6階


    TOKYU PLAZA GINZA 6F, 5-2-1 Ginza Chuo-ku Tokyo 104-0061 Japan


    TEL / FAX 03-6274-6840
    ginza@kyototo.jp

     

    11:00-21:00 (不定休)

     

    スーベニアフロムトーキョー

    SOUVENIR FROM TOKYO

    〒106-8558
    東京都港区六本木7-22-2

    国立新美術館1F / B1

     

    7-22-2-B1, Roppongi, Minato-ku Tokyo 106-8558 Japan

     

    TEL: 03-6812-9933
    FAX: 03-5775-4670

    https://www.souvenirfromtokyo.jp


    10:00-18:00

    (金曜日、土曜日のみ20:00まで営業)
    毎週火曜日定休(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館

     

    ※期間限定ショップ

    2018.3.21(水)〜4.23(月)まで